HOME > こだわり > タレへのこだわり
唐津の食材を中心に、ひとつひとつ吟味して集めて創り上げた最高のタレ


今回のメイン食材「一の塩」の他、魚介エキス、備長炭による炭焼きカツオブシ、屋久サバのサバブシ、唐津屋の天然だし、マツキン醤油など、地元の食材を中心に創り上げました。

写真
唐津屋のだし

良質のたんぱく源であるイワシやカツオなどを、まるごと酵素分解して消化や吸収、栄養や味など多岐にわたって能力を発揮できる低分子活性ペプタイドの形にすることに成功した唐津屋のだし。うまいだけでなく体にもよいものを。天然無添加のだしです。


写真
乾物

臭みが少なく香ばしいカツオブシや脂分が少なく酸化しにくいサバブシなどの乾物は市内の創業60年の老舗「岩本商店」。“うまいひものだったら岩本へ!!”漁師の方々からも一目置かれ、店主自らが必ず出向いて納得できる魚のみを買付ける、こだわりの老舗です。


写真
マツキン醤油

大正8年より続く老舗。味はもちろんのこと、自然の原料を用い、体にやさしい醤油です。材料にこだわり独自の製法で個性的でありながら、醤油の原点を追求したその味は、和洋中と全ての料理に合う調味料として注目されています。

アクセスへのリンク
facebook
むらまさへのお問い合わせ
新横浜ラーメン博物館へのリンク
グリーンアーツへのリンク
唐津市役所へのリンク
唐津観光協会へのリンク